本文へスキップ

服部先生のこだわりと情熱から生まれた食育講座の決定版!

製菓衛生師/服部先生の食育インストラクター養成講座

製菓衛生師

製菓衛生師

■おいしく安全なお菓子を作る 

ダイエット志向の中で、菓子市場は横バイといわれる。しかし、生クリームや果物入りの洋風和菓子、健康を意識した低カロリーパン、エコロジーや農業支援にもなる野菜スイーツなど、ヒット商品が次々と誕生し、毎年のように新たなブームが起きている。スイーツにはまる男性も増加中。パティシエ、パティスリー、ブーランジェといった言葉もすっかり定着した。
 
和・洋菓子店、製菓メーカー、ホテル・レストランなどには製菓の専門知識・技術を備えた菓子職人がいる。かつては、経験やカンに頼る職人的技法が重要視されていたが、食品化学技術の発達や消費者の嗜好の多様化などによって、それだけでは対応しきれない面も出てきた。
 
こうした状況のなか、食品添加物や衛生学などの正しい知識を習得し、安全でおいしい菓子を作るのが、製菓衛生師である。菓子やパンの製造業への就職や独立の際に有利なため、多くの菓子職人やパン職人が製菓衛生師の資格を取得するようになっている。


■専門学校卒や製菓従事者が対象

各都道府県で行われる製菓衛生師試験(筆記)に合格し、住所地の都道府県知事に申請すると、免許が得られる。
 
かつてはホテル・レストランや和・洋菓子店などで働きながら経験を重ねて、資格をめざす分野であったが、製菓衛生師の受験資格が得られる専門学校(製菓衛生師科、製菓製パン科など)で専門の技術・知識を学んでから受験する人が多くなっている。
 
専門学校は1年制または2年制で、製菓衛生師試験の科目が学べるほか、洋菓子の“標準語”であるフランス語や、テーブルコーディネート、フラワーアレンジメント、デザインなどを学ぶところもある。


■詳細情報
受験資格: 次の(1)または(2)を満たしている者 
(1)中学校卒業以上で、菓子製造業(販売業は含まない)に2年以上従事した者
(2)厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設において1年以上製菓衛生師として必要な知識・技能を習得した者
試験科目: 衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、製菓理論、製菓実技(和菓子、洋菓子、製パンから1分野選択)の6科目/4肢択一式60問・2時間
申込期間・試験日: 各都道府県で異なる (東京都=4月下旬まで受付、試験は6月中旬)
試験地: 各都道府県で実施
受験料: 各都道府県で異なる(例:東京都=9,500円)
合格率: 約60〜80%


■問い合わせ先
各都道府県衛生主管課


食育インストラクター養成講座


スクール名 がくぶん総合教育センター 
標準受講期間 3〜6ヶ月未満
標準期間6ヶ月
添削有無・回数 あり  /  -
受講料 【入学金】 0円    【受講料】 39,900円    【その他】 0円
送付物 テキスト5冊、サブテキスト3冊、DVD(ビデオ)3巻、学習の手引き、他

ナビゲーション